アレルギー症状を持っている人にも対応している千歳飴はあるのでしょうか。
賞味期限や、千歳飴を再利用することはできるのでしょうか。

千歳飴は七五三のお参りのお土産にお寺や神社から手渡されますよね。

飴の入った手提げを手に記念撮影を撮ってアルバムに残っている人も多いのではないでしょうか。

千歳飴にアレルギー対応の物があるのか、賞味期限や、再利用の方法を紹介していきますので、参考にしてくださいね。

千歳飴にアレルギー対応の物はある?

千歳飴 アレルギー対応
http://www.minatoya.biz/fs/minatoya/c/753

七五三でお土産に千歳飴をお土産としてもらうこともありますが、幼稚園などの行事で千歳飴を園児に配るということもあるそうです。

そこで気になるのが、アレルギーを持っている子が千歳飴を食べられるのかですよね。

 

アレルギーがあるとちょっと入っているだけでも体が拒否反応を起こし、湿疹や、ひどい場合ですとアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうことがありますので、注意しないといけません。

その千歳飴ですが、商品によっては原材料表示がされているものもありますが、書いていないものもたまにあるそうです。

製造元によってはアレルギー対応をしてくれる所もあるそうですので、千歳飴を仕入れる時に確認するといいかもしれませんね。

スポンサーリンク


千歳飴の賞味期限はいつまで?

千歳飴 賞味期限 いつまで
http://www.iwaiseika.com/syouhin/chitoseame/

飴は賞味期限が長く食べられるイメージがありますが、千歳飴の賞味期限はどれくらいなのでしょうか。

大体短いもので、3ヶ月くらい長いもので1年が千歳飴の賞味期限になるようですね。

長いと思っていて置いていたら賞味期限が切れていたなんてことの無いよう期限内に食べるようにして下さいね。

千歳飴の再利用方法は?

千歳飴 再利用方法
http://ameblo.jp/kotaroou/entry-10429176397.html

正直なところ、千歳飴を全て食べきるのはなかなか難しくて、気づくと賞味期限が切れていて、捨ててしまったという経験を持たれている人は多くいると思います。

食べずに捨ててしまうのはさすがにもったいないですよね。

そこで千歳飴の再利用方法を調べましたので、見てくださいね。

 

実は千歳飴を煮物に入れるとコクが出て、いつものに物よりも美味しく出来上がるそうです。

ほかにも照り焼きソースに入れるとツヤが出ていいそうです。

大学芋の餡として溶かした千歳飴をかける。
クッキーの生地に砕いた千歳飴を乗せて焼く。

などがあります。

この他にも少し手間はかかるかもしれませんが、生キャラメルも作ることができるそうですので、色々な料理に使って千歳飴を美味しく再利用してみてくださいね。

まとめ

七五三でもらう千歳飴ですが、アレルギー症状を持つ人には何が入っているか気になってしまいますよね。

製造元によってはアレルギー対応をしてくれる所もあるそうですので、購入する際に確認してみるといいかもしれませんね。

賞味期限は長いものですと1年間あるそうで、気づくと放置していて賞味期限が過ぎていたなんてことがあると思います。

千歳飴は煮物や、お菓子などに利用することができますので、食べきれなかった分は料理やお菓子で再利用してみてはいかがでしょうか。