7月の祝日に海の日がありますが休みではないところはあるのでしょうか。
大学や会社も休みが当たり前なのでしょうか。

海の日で休みでないところがあるのか、大学や会社も休みが当たり前なのか、調べましたので、見てくださいね。

海の日で休みじゃないところはある?

海の日 休みじゃない
http://www.dongeya.net/archives/961

海の日は1995年に制定されて、1996年から施工された、日本の国民の祝日の一つであります。

制定当初は7月20日とされていましたが、2003年に祝日法が改正され(ハッピーマンデー制度)7月の第3月曜日が海の日となりました。

海の日の趣旨としては「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」とされています。

 

ただ祝日で休みというだけでなく、海に関する理解や関心を深めるような行事を行うように努めるようにしなければならないとも言われています。

そんな国民の祝日である海の日に休みじゃないところはあるのでしょうか。

 

基本的に祝日ですので、休みになるところが多いかと思います。

海の日で休みでない所もあるようです。

大学などでは海の日でも授業があるところがあるようです。

 

これは大学設置基準というルールがあるそうで、4月上旬から8月の前期試験の第1週までまでに割り当てられている数を終わらせておかなければいけないそうです。

このルールでは講義においては教室内における一時間の抗議に対して、毎週一時間十五週の講義をもって一単位とすると決められているため、月曜日に振り分けられている科目を15週終わらせるために海の日でも学校があるところがあるそうです。

中では海の日は休みにしているところもあるようですが、他の祝日が授業であったり、7月の終わりまで目一杯授業をするなどの方法で休みにしているなどがあるみたいですね。

スポンサーリンク


大学も会社も休みが当たり前?

大学 会社 休み 当たり前
http://yakuzai-honto.com/qa/blog-qa/post-907/

先ほども書きましたが、大学によっては単位の兼ね合いで祝日であっても授業があるところがあるようです。

基本的に海の日は祝日になっており、ハッピーマンデー制度で土、日、月の3連休になるところが多いのではないでしょうか。

 

会社によっては営業会社などでは祝日であっても通常の営業をしている会社もありますし、もともとが祝日も出勤としているところだと特に休日出勤手当がつくということは無いようです。

また会社カレンダーで休日を調整している会社なども海の日を出勤日にして他を休みにしたりするところもありますので、全ての学校や会社が休みになるわけではないようですね。

 

もともと祝日で休みの会社なのに出勤する時は休日手当がつくかと思いますが、休みの日に出勤するのは何だか損した気持ちになるかもしれませんね。

確実に休みになるのは学生でも高校までだと思います。

大学や会社は単位や年間休日の振り分けなどで授業や仕事をしているところもあります。

このように祝日でも休みの所とそうでないところがありますので、一概に3連休にすれば良いというものではないのかもしれませんね。

まとめ

海の日は7月の祝日で、ハッピーマンデー制度で7月の第3月曜日が休みになっています。
大学や会社によっては単位や年間休日の振り分けなどの理由から休みでない所もあるようですね。

休みの人はそうでない人の分もたっぷり楽しんでくださいね。