甘茶とは名前の通り甘いお茶のことです。
健康に良いお茶ですが販売店は薬局などに売っているのでしょうか。

甘茶はカロリーもなく、ノンカフェインの飲み物で、妊娠中の人にも安心して飲めるものです。
この甘茶はどこにでも売っているのでしょうか。

甘茶が売っている販売店などについて書いていますので見てくださいね。

甘茶の販売店は薬局?

甘茶 販売店 薬局
http://yamashiroyachaho.ocnk.net/product/21

甘茶は名前の通り飲むとほんのり甘く、美味しい飲み物です。
ユキノシタ科の植物で日本原産のガクアジサイの変種が甘茶の原点であると言われているそうです。

味だけでなく、天然の甘味料の役割も持っており、糖尿病患者の人のように砂糖を使うことのできない人が砂糖代わりに甘茶を使用することもあるようです。
ノンカフェイン、ノーカロリーでもありますので、妊娠中の人や、子供が普段飲むのにもよいかと思います。

 

甘茶は昔から飲まれている飲み物で、お寺を参拝した後にふるまわってもらえることがあるそうです。
仏教で行われる花まつりでお釈迦様の頭上に竹の酌を使って甘茶を注ぐと言う行事があるそうです。

このように甘茶はお寺の飲み物として古くから使われているそうです。
また、お寺で参拝した時に甘茶をいただけるところもあるようです。

 

甘茶はお茶ではなく、代用茶と呼ばれるもので、どこに行っても売っているというものではありません。
販売店では漢方薬店や薬局に置いてあるかと思いますが、普通のスーパーなどでは取り寄せになってしまうかもしれません。

最近ですとインターネット通販でも甘茶を購入することができるようになっています。

国産の甘茶は一度蒸して葉を発酵させていますが、中国産の甘茶は蒸していないものもあるようですので、もし、ネット通販で買われる際はできるだけ国産の物を選ぶようにしてみてくださいね。
また、自分がいる分が欲しくても少量は対応していなかったりなどもありますので、買われる時は色々な店を確認して見るのも良いかもしれませんね。

一つ気を付けてもらいたいのが、甘茶を作る時にあまり煮詰めてしまいますと逆に苦くなってしまいますので、作る際は何度か味見をしながら作るようにして下さいね。

スポンサーリンク


まとめ

甘茶はお茶の一種かと思われるかと思いますが、お茶ではありません。
生薬として扱われることが多い甘茶ですので、販売店は薬局や漢方薬店など、専門の店で売られているそうです。

まとめて買うと高価になるかもしれませんが、効能などを考えると普通のお茶の代わりに甘茶を飲むようにされてみても良いのではないでしょうか。