傘が盗まれる人の対策はあるのでしょうか?
もしも盗まれたら警察に被害届を出すのはアリなのでしょうか?

雨が降ると傘を持ち歩くことになるかと思いますが、いざ帰ろうとした時に傘を盗まれてしまったという経験を持つ人はいるのではないでしょうか。

傘が盗まれた時の対策などについて書いていきますので、参考にしてくださいね。

傘が盗まれる人の対策は?

傘 盗まれる人 対策
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/13117

梅雨時になると傘を持ち歩くことが増えるかと思います。

傘にこだわりが無いや、手軽に買えることからビニール傘を利用している人も多くいるかと思いますが、ビニール傘を持っている人が多いと、間違えて持って帰られたりしたという人も多いのではないのでしょうか。

ビニール傘だけではなく普通の傘でも帰ろうとしたとき、誰かに盗まれてしまうことがありますが、対策はどうしたらよいのでしょうか。

 

まずビニール傘はやはり他の人との区別をつける為にも持ち手の部分に名前を書いておいたり、傘の柄のカバーという商品が売られていますので、これらの物を使って区別づけしておく。

店先などの傘立てに傘を入れず常に持ち運べるように傘入れを用意して入れて持ち歩く。

良く店頭に置かれてある傘袋は手軽な値段で買うことがありますのでカバンの中に何枚か入れておくといいかもしれません。

置き忘れ防止用のワイヤレスアラームというものもあって、子機との距離が開くとアラームが鳴るものがあります。

 

ですが、これは常に身近に置いておかないとアラームがなってしまうことになりますので、使いにくいかもしれませんね。

たかが傘かもしれませんが、せっかく持ってきたのに盗まれてしまって雨に濡れて帰ることになるのは嫌ですよね。

盗まれない対策としては自分の物であるという区別がすぐにつくようにすると盗っていこうとする人も盗りにくくなるかと思いますので、これらの対策をして、傘を盗まれないようにしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク


傘を盗まれた時警察に被害届を出す?

傘 盗まれた 警察 被害届
https://www.bengo4.com/c_1009/c_22/c_21/

どんなに安い物であっても人の物を盗るということは立派な犯罪行為になります。

中には自分の傘と似ていて間違えて持って帰ってしまったという人もいるかと思いますが、自分が傘を忘れてしまったからと人の傘を持って帰るのはいけないことです。

 

警察に行って傘の盗難にあったという被害届を出すことはできますが、現実は傘一本を捜し出してくれることはかなり難しいそうです。

もし落とし物で交番などに届けがあったら連絡があるかと思いますが、傘を盗んだ犯人までを捜し出してくれるまではしてくれないようです。

 

悲しいですが、傘を盗まれてしまったらもうその傘は戻ってこないと思った方がいいかもしれません。

まとめ

雨の日などや梅雨時になると雨が降っていなくても傘を持ち歩くことが多くなるかと思います。

傘を持って帰ろうとしたら誰かに持って帰られてしまって濡れて帰ったなんてことにならないためにも、自分の傘であるという区別を付けたり、できるだけ持ち歩くようにしたりと盗られないように対策をしておくことがいざ使う時に自分の傘が無かったなんてことが無くなるのではないでしょうか。